TAM留学トップページ > ビザについて > 社会人用のビザについて

海外留学で取得するビザについて。(社会人編)

ビザについて
学生用のビザについて   社会人用のビザについて
社会人用のビザについてワーキングホリデー、インターンシップの際は期間に関係なく全員ビザが必要になります。
各国大使館より必要な書類を取り寄せ、必要な場合には面接費用を支払います。また国によっては大使館へ面接に行く必要な場合もあります。必要書類の不足、記入漏れがあった際にはビザを取得できない可能性もありますので十分に注意する必要があります。TAMでは二人以上で書類をチェックをし、ミスがないようにします
ワーキングホリデー用ビザ
 
カナダ期間に関係なくビザが必要
提出物
ビザ取得にかかる費用:16,500円
年齢
18歳以上30歳未満
定員
2009年度の募集は10000人、定員に達し次第締め切り
 
オーストラリア期間に関係なくビザが必要
提出物
ビザ取得にかかる費用:15,000円
年齢
18歳以上30歳未満
申請方法
オンラインでの申請
 
   
イギリス期間に関係なくビザが必要
提出物
ビザ取得にかかる費用:無料
年齢
18歳以上30歳未満の独身の方
交付時間
申請から約1ヶ月で取得
   
   
ワーキングホリデービザ 申請書類作成代行 ≫代行費用¥30,000
インターンシップ用ビザ
アメリカ
90日以上滞在の場合に必要
概要
雇用主が決まれば雇用主からのレターと共にDS-2019を申請。DS-2019を取得後、ビザを申請。
条件
アメリカの大学を卒業していないこと。高卒の場合は8年以上の経歴が必要。
提出物
DS-2019とはアメリカ国務省の認可するNPO団体が発行するインターン許可書のこと。
期間中はNPO団体がスポンサーとなる。
費用
DS-2019申請費用(18ヶ月):団体により異なる。
ビザ申請費用:$130(約13,000円)
DS-2019申請代行(費用込み):500,000円
J-1ビザ申請書類作成代行:80,000円 費用別
まずは資料請求