TAM留学トップページ > イタリア留学

イタリアへの留学、ワーキングホリデー、語学留学をご案内

イタリア留学

基本情報

国について イタリアは北部がヨーロッパ大陸に繋がった南北に長い半島で、日本のおよそ75%の面積を有する。イタリア半島は中央をアペニン山脈が走り、国土の90%は山間部となり、イタリアは日本とよく似た地形の特徴をもっていて、日本と同様に国土が南北に長く、四季がはっきりしている。東京とローマの気候はほぼ同じである。しかし、緯度が高いので、夏は午後8時ごろでも明るい。湿度は低く、日本と違って梅雨はないが、春先と秋には雨が多い。南イタリアでも冬場は雪が降ることがある。
地理的には、西にフランス、北はスイス、オーストリア、東はスロベニアと国境を接している。また、イタリア半島は西にリグリア海、サルデイア海、ティレニア海、南にシシリア海、イオニア海、東はアドリア海に囲まれている。イタリアは、古代ローマ帝国の中心であり、15−16世紀にルネサンス文化が栄えた。そのため、世界中の文化遺産の40%がこの国にあるといわれるなど、世界遺産の宝庫。19世紀の独立戦争を経て、1861年にイタリア王国が成立し、1870年に統一が完成した。1922年にムッソリーニが政権を握ったが、1943年に第二次世界大戦で欺北を喫し、イタリア共和国が成立したのは1948年。   
国旗 緑は国土、白は雪・正義・平和、赤は愛国者の血・熱血を表す
時差 サマータイムがあり、このときの時差は日本と7時間、冬時間の時差は8時間。
人口 5930万人
面積 30.1万平方キロメートル
通貨 ユーロ
公用語 主にイタリア語地域により独・仏
首都 ローマ
地図
こぼれ話 日本の水は軟水ですが、ヨーロッパ大陸は硬水の国が多くイタリアもその国の一つ。カルシウムとマグネシウムの含有量が多く、この硬水は石鹸が泡立ちにくく水に溶けにくい。
日本で使ってて丁度良いシャンプーや洗顔フォーム等をこの硬水の国で使うと、石鹸と同じく泡立たずまったく滑らかさも無く、出発前に硬水地域対応製品を探し持参又は到着後に現地調達。この硬水のせいで肌も荒れ、髪の毛もばさばさとなります。保湿、トリートメント等で対策を!
電話 公衆電話は、主にテレフォンカードを使用。テレフォンカードはバール、新聞スタンド、駅や空港などで購入できます。イタリア国内通話は、市内通話の場合も含めいつも「0」をつけた市外局番が必要。また日本からイタリアへ電話をかける場合も、国番号39の後、
*市外局番の「0」はとらずにつけたままダイヤル*
治安 列車、地下鉄、バス等でのスリ、置き引き、観光スポットにおけるスリ、睡眠薬強盗、ニセ 警官による被害が多く発生。またイタリア国内では、日本人の旅券(パスポート)盗難被害が多発していますので、十分な注意の上しっかり管理を。
主な都市
ローマ
「永遠の都」と呼ばれるイタリアの首都ローマは、紀元前753年に都市国家として建設され、世界帝国とまでよばれるローマ帝国の基礎となった場所。都市国家の集合体であったイタリアが統一された際に再び首都となり、現在に至る。市全体が歴史的遺産であるローマ時代の建造物を中心とした歴史博物館のようである一方、新しい建造物を建てるたびに地中から遺跡が出土することが、急激な街の変化を阻んでもいる。歴史や芸術・文化、ファッションやグルメなどいくら日にちがあっても足りないほど観るものが多い都市。また、ローマの中には世界最小の独立国家であるヴァチカン市国があり、カトリックの総本山として人々の信仰の対象。また、古代ローマ時代の遺跡として世界的にも名を知られるコロッセオやフォロ・ロマーノ、パンテオン、カラカラ浴場、ドムス・アウレア他、ローマ歴史地区・教皇領とサンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂も世界遺産に指定。映画「ローマの休日」でその名が世界中に知れ渡った、真実の口やベネチア広場など。街の中心にはスペイン広場、トレヴィの泉、ナボーナ広場など見るべきものが尽きない。数々の芸術作品の鑑賞や古代の歴史を追及するなら、ボルゲーゼ美術館、カピトリーノ美術館、ローマ国立博物館、ヴィッラ・ジュリア・エトルリア考古学博物館など見どころも満載の街。 サン・ピエトロ広場やサン・ピエトロ大聖堂のミケランジェロの彫刻「ピエタ」他、バチカン博物館内システィーナ礼拝堂のミケランジェロの天井画・壁画は必見。

ミラノ
ロンバルディア州の州都でイタリア第2の都市ミラノは、北部イタリアの中心地。紀元前600年頃、ケルト人が建設したことに始まり、その後、都市国家として成長。西ローマ帝国の首都になった後、フランス・スペイン・オーストリアと数多くの国に統治され、1859年、イタリア王国に編入されて現在に至る。観光ではその歴史的文化はもちろん、国際的ファッション・経済の中心地。グルメにも注目されている。芸術面での必見はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ 教会にあるレオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画「最後の晩餐」(完全予約制) 他には壮麗なドゥオーモとミケランジェロ未完の作 「ピエタ像」所蔵のスフォルツェスコ城、ブレラ美術館、オペラの最高峰、殿堂スカラ座とその付属博物館等。ミラノコレクションに代表されるファッション注目のショッピングは、ドゥオーモ周辺のヴィットリオ・エマヌエーレ通り、モンテ・ナポレオーネ通り、スピガ通り等の洗練されたエリアの他、トレンディなブレラ界隈、ナヴィリオ(運河)周辺等も人気。落ち着いた街並みはただ散策するだけでも楽しく、心を豊かにすることができる都市である。

ヴェネツィア
ヴェネツィア共和国として輝かしい歴史をもち、街全体と潟が世界遺産に登録されている。サン・マルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿や鐘楼のあるサン・マルコ広場、溜息の橋、アカデミア美術館、大運河沿いのリアルト橋、街並みすべてが見所。運河をゴンドラが行き交うそのロマンチックで美しい姿は世界中の観光客の旅情を誘います。また、仮面が印象的なカーニヴァルや歴史的レガッタ、映画祭、ビエンナーレ等のイベントも世界的に有名。

フィレンツェ
フィレンツェは長い間メディチ家に支配され、優美な芸術文化を維持してきた街。銀行家であり、政治家でもあったメディチ家は、ありあまる財力で、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなど多くの芸術家のパトロンとして、フィレンツェを芸術の都市に押し上げた。美術、建築の傑作を数多く残す栄華を極めた街並みは、旅人を魅了してやまない。 トスカーナ州の州都。
街の中心部はユネスコ世界遺産指定の歴史地区で、ドゥオーモとして知られるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、サンタ・クローチェ教会、ウフィツィー美術館、ピッティー宮殿、またジオット、ブルネレスキ、ボッティチェッリ、ミケランジェロといった大芸術家達の貴重な名作の数々は今なおこの街に残され、街全体がひとつの大きな美術館のような美しさを讃えている。

イタリアで可能な留学形態


TAMのイタリア留学なら、下記の形態で留学することが可能です。料金表は留学形態からご確認下さい。
語学留学 ワーキングホリデー      

まずは資料請求