スマートフォンで見る

高校留学はニュージーランド・カナダ・オーストラリアへ!TAM留学に安心お任せ

高校留学はニュージーランド・カナダ・オーストラリアへ!TAM留学に安心お任せ

教育制度

高校留学は大学入学前の高等教育として幅広い科目の学習ができ、自発的に学ぶことを身につける場 です。
いずれの国も日本とは年度の始まりが異なりますが、留学生の受入は年に数回あるので、学生の状況 に合わせて留学プランを組み立てることができます。

オーストラリア・ニュージーランド

オーストラリア・ニュージーランド

中高一貫が行われています。新学期は1月。

オーストラリア・ニュージーランドでは、日本の中高にあたる中等教育は「セカンダリースクール」「ハイスクール」などと呼ばれ中高一貫教育が行われています。両国とも新学期は1月下旬~2月上旬に始まり、12月半ばで終了する4年学期制です。それぞれの学期初めから入学することが可能です。

留学可能時期

1月下旬(2月上旬)、4月、7月、10月

カナダ

カナダ

中高一貫が行われています。新学期は9月。

カナダでは、学年は9月に新学期が始まり、翌年6月に終了します。多くの学校で前期・後期の2期制のセメスター制を取り入れていて、9月・2月の学期初めに留学をスタートできます。日本の学年の区切りに合わせて4月から留学したり、7月のサマースクール時期から留学を開始したりすることも希望することができます。

中高一貫が行われています。新学期は1月。

留学可能時期

9月、2月(希望により4月、7月)

スクールカレンダー

オーストラリア・ニュージーランド(4学期制)

1学期 1学期下旬~3月下旬
2学期 4月中旬~6月中旬
3学期 7月中旬~9月下旬
4学期 7月中旬~9月下旬

カナダ(2学期制)

前期 9月~12月
後期 2月~6月

学年制

学年制

各国の教育制度

オーストラリア

オーストラリア

公立高校が8割以上

オーストラリアの高校の8割以上が公立です。州政府の管轄下にある公立高校は、すべて無宗教です。その多くが生徒の個性と自主性を尊重したリベラルな校風を特徴としています。一方、私立はほとんどがカトリックやアングリカンなどの宗教団体によって運営されています。私立には、男子校、女子高、男女共学があり、寮をもつ学校もあります。公立も私立も制服があるところが多いです。

州独自の教育制度

オーストラリアは6つの州と2つの特別区によって成り立つ連邦国家です。地方自治が確立されており、大学を除く教育機関は各州政府が担当しています。基本的にイギリスの伝統を受け継いでいるオーストラリアの教育制度ですが、各州によって独自性がみられます。

義務教育期間も州ごとに違う

日本では小・中・高の6・3・3年制ですが、オーストラリアのほとんどの州でYEAR1(1年生)からYEAR12(12年生)までの学年制になっています。YEAR1の前にプレップイヤー(準備学年)を1年設ける州が多く、13歳までとする州があるなど様々です。初等・中等(中・高含む)と教育機関が区切られていますが、何歳で区切るかも州によって若干の違いがあります。

なお、オーストラリアでは義務教育を終えただけでも社会に適応できる力がある程度つきますので、この時点で就職したり、専門学校に通い始める方もいます。しかし、大半の生徒は日本の高校にあたる、シニア・セカンダリーに進学するのが実情です。シニアの2年間(YEAR11~12)は、大学に進学するための準備期間として位置付けられています。

大学入試はない

大学進学を希望する場合、Year11に進級する時点で、各学校に常駐しているキャリア・アドバイザー(進路担当の先生)と相談しながら、志望大学に入るために必要な科目を選択しなければなりません。Year11・12に含まれる科目には日本の大学1~2年次で学ぶような一般教養課程の一部も含まれています。このようなことから、オーストラリアの大学は専門教育で構成されており、ほとんどの学部が3年間で修了します。

大学に進学する際に入学試験はなく、在校時の成績と、Year12の終わり頃に実施される各州の統一試験によって高等教育入学資格を取得するシステムになっています。

ニュージーランド

ニュージーランド

公立高校がほとんど

ニュージーランドには約400の高校があります。そのほとんどが公立校で、私立校に通う生徒は全体の10%に満たないと言われています。ニュージーランドの高校の校風には大きく2つあります。ひとつは、歴史あるイギリスの伝統を引き継いでいる高校です。全体的に伝統や規律を大切にしているのが特徴です。
もうひとつは、リベラルな方針のもと、自由で比較的新しい高校です。こちらは、かなり自由な校風で中には制服が内学校もあります。

イギリスの伝統を引き継いだ教育制度

ニュージーランドでは5歳から15歳の間、義務教育が行われます。したがって、ほとんどの子供が満5歳の誕生日の翌日から小学校に入学します。通常、5~12歳までが初等教育機関です。5歳からの学年はYear1から通しで呼ばれ、Year7~8の2年間をインターミディエイト・スクールで学び、Year9~13の5年間をセカンダリー・スクール(日本でいう中学と高校)で学ぶことが一般的です。
義務教育は通常Year11の時点で修了となります。この義務教育後の進路選択は、高校(セカンダリー・スクール)を継続し、「Year12に進む」「公立の高等専門学校であるポリテクニックヘ進学する」そして「就職する」の3パターンに分かれます。しかし、近年ではほとんどの学生がYear13まで在学することを選択しています。

高校の授業はほとんどが選択制

日本の高校課程にあたるシニア(Year11~13)の授業は、一部を除き、ほとんどが選択制となっています。その選択科目は幅広く設けられ、各自の個性や方向性に応じたカリキュラムを組むことができます。

大学入試はない

大学進学を希望する場合、Year11に進級する時点で、各学校に常駐しているキャリア・アドバイザー(進路担当の先生)と相談しながら、志望大学に入るために必要な科目を選択しなければなりません。Year11・12に含まれる科目には日本の大学1~2年次で学ぶような一般教養課程の一部も含まれています。このようなことから、オーストラリアの大学は専門教育で構成されており、ほとんどの学部が3年間で修了します。

大学に進学する際に入学試験はなく、在校時の成績と、Year12の終わり頃に実施される各州の統一試験によって高等教育入学資格を取得するシステムになっています。

カナダ

カナダ

日本の高校で取得した単位が一部移行も可能

日本で高校1年生の課程を終了してから留学をする場合、1年分の単位(主に必須科目の数学や体育、選択科目の日本語(国語))への単位移行が可能です。このことにより、カナダの高校を卒業するために必要な単位の一部が認定され、最短で2年程度で高校卒業資格を取得することも可能となります。また、夏休みの時期を使って実施されるサマースクール中に、従来の学期中に取得できる単位を1~2科目分履修することも可能です。

州によって異なる教育制度

カナダは10の州と3の準州から成り立つ連邦国家で各州で自 治権を持っています。教育に関しても、各州教育省が州内の 教育についての権限を持ち、州の実情に合わせた教育方針 を立てています。州内ではさらに地域ごとに学区(School District/Division)に分割され、各教育委員会のもとに学校 が配置されています。

資料請求無料カウンセリング
資料請求 ファーストステップ:初めての方へ国別で探す 留学形態で探す海外で学ぶ 海外で働く その他 オススメ留学 セミナー・イベントモバイルサイト
留学コラム

海外留学のススメ。最近は学校のウェブサイトを含め多くのソースから情報を得ることが出来ます。皆さんもこのページにたどり着くまで様々な形で情報収集を 行ってきたのでしょ う。それはそれで重要なことですが実際問題として多くの場合、通販でTシャツを選ぶようにはいきません。海外留学は語学力ほか自分の状況や性格、スキルま た将来の目 的によってそれぞれに最適な選択肢は違いますしAさんがアメリカの語学学校Bに行って良かったから自分もそうかというと必ずしもそうではありません。海外 留学をしても将来 の目的もこれまでの人生も違うのですからそれは当然のことです。
それが海外留学の醍醐味です。
こういったことをひとりひとりの状況に合わせ会話の中で目的と現在地それに持ち駒の中で現実的な選択肢を確認した上で答えを一緒に出していくのがカウンセ リングです。海外留学を支援するTAM留学では商社や外資を含め20年以上の社会経験と10年の業界経験、海外経験をもつスタッフが直接、フレンドリーに お話させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

今まで中学を普通に卒業し、普通に高校に入り、将来何かしようと言う夢もなくただただ毎日を過ごしていました。高校1年の夏、TAM留学でアメリカへの高校留学の募集があり通れば2年になれば1年間海外留学が出来ると知りました。
すぐに興味が沸き、募集して留学が決まりました。いざ決まるとどちらかと言うと本当に1年間向こうで生活出来るのだろうか。と不安な思いでいっぱいでした。
向こうで困らないように単語だけは覚えておこうと勉強して行きました。アメリカは行ったこともない国で不安もたくさんでした。
まず、学校にはその国の人だけではなく、沢山ね国の人がいたので驚きました。そのお陰でその国の文化だけでなく沢山の国の文化に触れる事が出来きました。
毎日が知らない事が出て来て毎日が勉強でとても忙しくも感じましたが、アメリカに住んでいる間は日本ではないとても充実した生活を送る事が出来ました。もちろん語学は友達や先生との触れ合いで生活していれば身につく事が出来ていました。
毎日が楽しく、充実した日々を過ごす事で自分自身も日本に居た頃よりも大きく成長したような気がします。