スマートフォンで見る

高校留学はニュージーランド・カナダ・オーストラリアへ!TAM留学に安心お任せ

高校留学はニュージーランド・カナダ・オーストラリアへ!TAM留学に安心お任せ

アメリカ高校留学

アメリカの教育制度

アメリカの教育制度

アメリカでの中学、高校の6年間の教育体制は州によって違います。各州の自治体によって教育体制が決められ、義務教育の年数も州によって異なります。ほとんどの州で6歳から16歳とみなしていますが、ワシントンDCやオレゴンなどの18歳までなどの例外もあります。

アメリカの高校の授業は単位制度が一般的で、必須科目の他に自分の興味がある選択科目を選んで履修することができます。

アメリカ高校留学では1年間に取得しなければいけない単位数を満たすことが進級の条件となります。
また、一コマ数単位となっており、一日に受ける授業数は約5〜7コマです。一コマの授業時間は約50〜60分となっています。

留学生の選択科目は学校によって様々です。外国語や芸術系、天文学やジャーナリズムなど日本では学ぶことができないようなバラエティーに富んだ科目が多くみられます。アメリカらしい高校留学の制度となっていますので、興味のある分野を延ばしたいという高校生にはおすすめです!

アメリカ高校留学のしくみ

アメリカでの高校留学には、高校交換留学と高校私費留学の2パターンがあります。

高校交換留学の場合、アメリカの国務省国際青年交流企画に基づいた国際交流プログラムを実施する高校留学なので、「F-ビザ(学生ビザ)」ではなく「J-1ビザ(文化交流訪問用ビザ)」での入国となります。
J-1ビザでの交換留学期限は1年間。公立高校の留学が一般的で、ホームステイでの滞在になります。

アメリカでの私費留学の際は、通常通りF-1ビザ(学生ビザ)での入国となり、留学期間も留学先の高校も本人が選ぶことができるので、一年以上の高校留学(卒業留学)を希望する生徒が多くみられます。
公立高校への私費留学は通常、できないと考えられていますが、アメリカ政府指定の高校であれば留学が可能となります。但し、公立高校とは言え、入学するには英語力が必要となっていますので、他の国の公立高校よりハードルは高いでしょう。ですので、アメリカでの卒業を目指すなら私立高校への高校留学が一般的となっています。
ホームステイでの滞在も可能ですが、私立高校への留学の場合は学生寮で生活するのも一般的です。なおアメリカの私立高校留学は費用が非常に高いと思われていますが、実は年間200万円程度から留学できる高校もあります。

アメリカ高校留学の魅力

アメリカはあらゆる面で日本との関係が深く、英語圏の国を思い浮かべた際に真っ先にイメージされる国だと思います。ニューヨークやロサンゼルス、ラスベガスなど観光地としても魅力的な都市が多いという印象でしょう。また、ボストンのように世界的な学園都市もあり、留学といえば「アメリカ!」と考える方も少なくないでしょう。

アメリカには世界的に有名な大学も多く、そのような大学への進学を目指す生徒もいます。公立高校への卒業留学もでき、また私立高校でも安く留学することができるのですが、一般的にアメリカ高校留学には誤解されている部分が少なくありません。

大国だけあって、選択肢が多数ありますのでまずは高校留学カウンセラーまでご相談ください。

アメリカでのスクールライフ

日本ではクラスごとに生徒が分けられていますが、アメリカでは生徒一人ひとりがその教科ごとのクラスへ向かい、授業を受けるといったスタイルになっています。
遅刻に対してはとても厳しく、1分でも遅れると授業を受けられないという場合もあるほどです。アメリカの学校教育は勉強のほか、課外活動やボランティア活動など生徒一人ひとりの長所を伸ばすための活動に重点を置いているのが特徴です。

学校によっては、スポーツクラスが充実していたり、職業体験など多くの課外活動を行っていたりとその特徴は様々です。ですので、自分のスタイルに合ったスクールライフをおくることができます。

これは留学生にとってアメリカ高校留学の大きな魅力です。

移民が多いアメリカでは母国語を英語としない生徒のために ESL(English as a Second Language)プログラムも充実しているので、英語に自信がない方でも ESL から始めることができます。
この ESL を単位として認めている学校もあり、学校内で ESL プログラムを学ぶことができます。したがって、高校留学の場合、 ESL を受講しながら徐々に正規科目を増やしていくパターンと、英語を第二ヶ国語とする生徒を集めたクラスで正規科目を学んでいくパターンがあります。

アメリカのほとんどの高校にスクールカウンセラーが在籍しています。担任教師の変わりに生徒の相談にのったりなど、留学生にとっては困ったときに相談できるのでとても心強い存在です。留学生に対するサポート体制は学校によって異なりますが、留学生専用のカウンセラーをおいている学校も多数あります。
科目登録から、クラブ活動、人間関係など幅広い内容の相談に乗ってくれるカウンセラーの存在は、高校留学の助けとなります。

アメリカの高校正規留学の予算

アメリカの高校正規留学の予算

アメリカの交換留学による高校留学は1年間約150万円程度からですが、1年間限定の留学となります。
正規留学(卒業留学)を希望する場合、公立高校は年間約200万円~400万円程度、私立高校に関しては年間約250万円~700万円程度が相場です。
選択肢が多いアメリカの高校留学。ですので、生徒の能力、希望、そして予算に応じて選ぶことができます。私立高校は、全寮制の高校やホームステイをしながら通学できる高校の2種類あります。

アメリカ高校留学の年間費用 150万円~700万円(学費・滞在費含む)

授業風景

ノートを取り先生の話をジッと聞くといった日本の授業風景は、アメリカではまず見られません。授業の多くは生徒参加型で、疑問に思ったことなどは積極的に質問、発言するのが普通です。発言が少ないとテストの点数はよくてもいい評価がされないのです。アメリカは多民族文化なので個々の考え方や習慣、バックグラウンドは様々です。その為、生徒は自分の考えを分かってもらうためにスクールライフではもちろんですが、授業内でも自己主張はしっかり行いましょう。

また、グループや個人などで課題についてのプレゼンテーションやディベート、ディスカッションをする機会も多いので、おとなしく聞いているだけだと科目の評価を下げてしまいます。

怖気づいて恥ずかしがっているだけでは評価に繋がらず、クラスメートや先生にも伝わりにくいので、自分の意見をハッキリ、しっかりと発言できるように心掛けることがポイントです。

アメリカの高校リスト

Saint Louis School アメリカ ハワイ州ホノルル

高校形態 私立、
男子校
環境 都会
規模 中規模
滞在 ホームステイ

高校画像

ハワイのワイキキビーチから徒歩約30分、車で約5分の好立地にある名門私立男子高校。創立1864年と160年以上の歴史のある高校で、小学校4年生~高校3年生までの一貫教育を行っています。生徒の98%は、大学進学を目的とした教育を受けており、学校では大学進学準備のプログラムも非常に充実している。

詳細はこちら

Squaw Valley Academy アメリカ カリフォル二州Olympic Valley

高校形態 私立、共学
環境 田舎
規模 小規模
滞在 学生寮

高校画像

人気のアメリカ・カリフォルニア州の非常にユニークな高校。全校生徒約50名。学生寮完備の学校で、一般的な大学進学に向けての教育はもちろんカリフォルニア州の自然を活かした、課外活動やスポーツにも非常に力を入れている高校です。単に教室で学ぶのではなく、屋外にでて様々な活動をすることで、自然の中からを学びます。

詳細はこちら

St. Croix High School アメリカ ミネソタ州セントポール

高校形態 私立、共学
環境 田舎
規模 小規模
滞在 学生寮

高校画像

ミネソタ州セントポールという小さな町にある私立高校。全校生徒約400名と小規模な学校で、教師やスタッフからのパーソナルケアを受けることができる。学生寮滞在で年間28400ドル(2014年6月現在)と格安費用にて留学が実現できる。アメリカで安い費用での留学をお探しの方にお勧め!

詳細はこちら

The Northwest School アメリカ ワシントン州シアトル

高校形態 私立、共学
環境 都会近郊
規模 小規模
滞在 学生寮

高校画像

アメリカでも教育熱が非常に高い州として定評のあるワシントン州のシアトルにある私立高校。生徒数約500名程度の小規模高校ですが、進学校として名高く、生徒の大学進学率は99%以上。

詳細はこちら

San Gabliel Academy アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス

高校形態 私立、共学
環境 都会近郊
規模 小規模
滞在 ホームステイ

高校画像

アメリカの人気都市ロサンゼルスにある共学の私立高校。学校周辺は、閑静な住宅地で住みやすく、またアジア系アメリカ人の多い地域ですので、アジア人留学生 でもなじみやすい環境です。高校は9-12年生の施設と、K-8(日本の幼稚園から中学2年生)年生用の施設も同じ敷地内にあり、幼稚園から高校までの一貫したアメリカ教育プログラムを提供しています。

詳細はこちら

アメリカの高校留学先リスト(代表的な州での高校留学)

アラスカ州

  • The Abbott Loop Christian School, Anchorage 他

カルフォルニア州

  • Archbishop Riordan Fligh School
  • Bellarmine College Preparatory
  • The Cascade School
  • Christian Brothers High School
  • Ojai Valley School
  • St. Margaret's Episcopal School
  • San Pasqual Academy
  • Southwestern Academy
  • University of San Diego High School
  • Webb School of California 他

ハワイ州

  • Damien Memorial High School
  • Lutheran High School of Hawaii
  • St. Andrew's Priory School 他

ニューヨーク州

  • Seton Catholic High School
  • Our Savior New American
  • Immaculate Heart High School 他

イリノイ州

  • Aquin High School
  • Rockford Christian School
  • Tri-State Christian High School 他

ペンシルバニア州

  • The Hill School
  • The Kiski School
  • La Salle College High School
  • Linden Hall School for Girls 他

コネチカット州

  • The Forman School
  • The Hotchkiss School
  • Hyde School
  • Indian Mountain School
  • Loomis Chaffee School
  • Marianapolis Preparatory School
  • Westover School, Middlebury 他

マサチューセッツ州

  • Bishop Stang High School
  • Boston College High School
  • Brooks School
  • Buckingham Browne and Nichols School
  • Buxton School
  • Cushing Academy
  • Deerfield Academy
  • The DeSisto School
  • Fay School
  • The Fessenden School 他

フロリダ州

  • Lake Mary Preparatory School
  • Royal Palm Academy
  • St Joseph Academy 他

そのほか全米各州にて高校あり。

アメリカの環境

風土と気候

アメリカは広大な国土のため、地域によって気候は全く異なります。東海岸や南部は日本のように四季があり、夏は高温多湿です。それに対し、西海岸は一年を通して雨が少なく夏は乾燥しており、冬は地域により寒さは厳しくなるものの、比較的温暖な気候となっています。
アメリカの魅力の一つには、広大な国土とおおらかな人々という点もあります。

気候や風土は高校留学先選びの重要なポイントになります。高校留学を成功させるためにも、是非、渡航先の気候や風土をチェックしましょう!

生活習慣

一般的に愛国心が強いアメリカ人。独立記念日などの公休を大切にしています。多民族国家であることから多くの移民の人々は祖国の生活習慣や文化を大切にしています。基本的に自由を好み、新しいものを築いていく志向が高いのが特徴です。
アメリカ人との生活を通じて楽しむことや家族を大事にすることを学べます。アメリカ人の生活習慣を学ぶこともアメリカ高校留学では重要なのです。

交通機関

基本的にアメリカは車社会で、16歳から免許を取得できるので多くの高校生が車で通学している光景がよく見られます。留学生でも免許の取得はできますが、安全面からあまりお勧めしません。広大な国土を持つアメリカは、田舎の地域もたくさんあり、公共の交通機関が発達していない場所も多くあります。そのような地域では、スクールバスを利用するか、ホームステイの場合は、ホストファミリーの送迎に頼ることも多いです。アメリカでは交通の不便さを感じることも多いかと思いますが、高校留学生にとって交通の環境は重要なポイントです。

物価

世界屈指の物価を誇るサンフランシスコやニューヨーク。しかし、食品や生活雑貨に関して言えば日本よりも比較的安いので自炊するなどして節約することもできます。
ロサンゼルスなど、西海岸はアメリカの都会の中でも比較的安く、田舎に行けば非常に安い場合も多い。高校留学中のお小遣いは都市によって大きく異なり、毎月のお小遣いが高校留学の総予算に影響します。

アメリカ公立高校へ英語力なしでも留学を実現!

アメリカ公立高校へ英語力なしでも留学を実現!

留学先として人気が高いアメリカは、毎年多くの日本人が留学をする国になっています。
しかし、アメリカでの高校留学を成功させるには高いレベルの英語力が要求されます。特に1年留学を格安費用でできる交換留学に関しては最低でも英検2級レベルの英語力が必要です。さらに、一定条件の成績も求められますから、非常に高いハードルになっています。そのハードルの高さゆえに試験に合格できずアメリカ留学を諦めてきた生徒も多いと思います。

当プログラムは、憧れのアメリカに留学をしていけど、英語力に自信がなく交換留学の試験に合格しない生徒や英語力はあるが交換留学ではどこに留学するか分からないため心配で、自分で学区や学校を 選択したいと思っている生徒にお勧めのプログラムです。

アメリカ国内22州、約50高校区と提携をすることで、公立高校でも学区を指定して留学ができ、学区によっては英語力不問!試験なしで入学も可能です。交換留学と同様に全米44都市にサポートオフィスがありますのでサポート体制も安心です。

[アメリカ公立高校正規プログラムの特徴]

  • 1.アメリカの公立高校での単位取得・卒業留学が可能
  • 2.安価な費用での留学が可能
  • 3.英語力不問の学区もあり、ハードルは低い
  • 4.22州、約50高校区への留学が可能(学区は毎年変動します。)
  • 5.滞在はホームステイ
  • 6.日本人によるサポート有り
  • 7.参加資格は自立心のある15歳~18歳までの高校生
  • 8.最短期間は1学期~

授業について

当プログラムの留学期間は最短1学期から1年間までとなります。受講クラスは英語力によって変動しますが、基本的にはアメリカ人の生徒と同じ授業に参加することになります。アメリカの公立高校は私立高校のように手厚いサポートがあるわけではありません。したがって、十分に勉強を自己管理することが求められます。

もちろん先生は助けを求めれば応援は惜しみません。自分で分からないことを確認し、自発的に質問する姿勢がここでは重要になります。

ホームステイについて

ホームステイについて

交換留学とは異なり、アメリカの公立高校プログラムのホームステイはボランティアではありません。ですので、家事や育児の過度な強要もないので比較的安心して滞在できると思います。

ただし、ホームステイ先のファミリーの環境や性格はそれぞれで違いますので、何も問題が起こらないとは限りません。何か問題があった際は必ず学校のスタッフや先生、当センター留学カウンセラーなどに相談しましょう。話し合いをしながら、問題を解決しつつ充実したホームステイライフを過ごせるようにしていきましょう。

資料請求無料カウンセリング
資料請求 ファーストステップ:初めての方へ国別で探す 留学形態で探す海外で学ぶ 海外で働く その他 オススメ留学 セミナー・イベントモバイルサイト
留学コラム

海外留学のススメ。最近は学校のウェブサイトを含め多くのソースから情報を得ることが出来ます。皆さんもこのページにたどり着くまで様々な形で情報収集を 行ってきたのでしょ う。それはそれで重要なことですが実際問題として多くの場合、通販でTシャツを選ぶようにはいきません。海外留学は語学力ほか自分の状況や性格、スキルま た将来の目 的によってそれぞれに最適な選択肢は違いますしAさんがアメリカの語学学校Bに行って良かったから自分もそうかというと必ずしもそうではありません。海外 留学をしても将来 の目的もこれまでの人生も違うのですからそれは当然のことです。
それが海外留学の醍醐味です。
こういったことをひとりひとりの状況に合わせ会話の中で目的と現在地それに持ち駒の中で現実的な選択肢を確認した上で答えを一緒に出していくのがカウンセ リングです。海外留学を支援するTAM留学では商社や外資を含め20年以上の社会経験と10年の業界経験、海外経験をもつスタッフが直接、フレンドリーに お話させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

今まで中学を普通に卒業し、普通に高校に入り、将来何かしようと言う夢もなくただただ毎日を過ごしていました。高校1年の夏、TAM留学でアメリカへの高校留学の募集があり通れば2年になれば1年間海外留学が出来ると知りました。
すぐに興味が沸き、募集して留学が決まりました。いざ決まるとどちらかと言うと本当に1年間向こうで生活出来るのだろうか。と不安な思いでいっぱいでした。
向こうで困らないように単語だけは覚えておこうと勉強して行きました。アメリカは行ったこともない国で不安もたくさんでした。
まず、学校にはその国の人だけではなく、沢山ね国の人がいたので驚きました。そのお陰でその国の文化だけでなく沢山の国の文化に触れる事が出来きました。
毎日が知らない事が出て来て毎日が勉強でとても忙しくも感じましたが、アメリカに住んでいる間は日本ではないとても充実した生活を送る事が出来ました。もちろん語学は友達や先生との触れ合いで生活していれば身につく事が出来ていました。
毎日が楽しく、充実した日々を過ごす事で自分自身も日本に居た頃よりも大きく成長したような気がします。