高校留学、ワーキングホリデー、海外留学のTAMインターナショナル、イベント・更新情報のページです。

イベント情報


海外留学ニュース 2016.04.24

高校留学のときの持ち物、お土産について

海外旅行の際はなるべく持っていくものを減らすことで、現地でいろんなものを購入して持って帰ろうと思うかもしれませんが、海外留学の際それではいけません。
高校留学の目的は勉強することで、遊びに行くのでも観光に行くのでもありません。
なるべく少なく荷物をしようとすれば、一カ月程度の生活なら我慢できるかもしれませんが、長期になればなるほど「あれを持ってこればよかった」とか、「持って行ったお土産を全然つかってくれない」などの生活のしにくさや文化の違いなどを感じるでしょう。

日本では簡単に手に入ったものでも、海外ではそうはいかないものもたくさんありますし、海外の人が必要としないけれども日本人の生活には大切なものなどもたくさんあるので、準備の際には持ち物やお土産についてしっかりと考えながら選んでいきましょう。

 

 

 

「高校留学で持っていく生活用品」

 

飛行機で持っていける重量にも制限があるため、大きなものを持っていくのは難しいですが、忘れずに持っていきたいものに常備薬があります。
胃薬や頭痛薬、また風邪薬など普段使用しているものを数回分は持っていきましょう。
国によって薬に対する制限や使用頻度も変わってきて、海外のものを飲んだらとても強くて胃が荒れてしまったとか、何かしらのアレルギーが出たということもあるようです。
薬が体に合わないと本当にしんどい思いをしてしまいます。

また、これは女性だけに言えますが、生理用品も海外のものと日本製のものはかなり違います。
日本製のものはとても質がいいのに比べて、海外製のものはかぶれたりすることもあるので、いいものを見つけるまで自国のものを使用しましょう。

そして留学生にとって絶対に忘れてはいけないものが、海外留学保険です。
日本の健康保険は適用されないため、ちょっとした病気で病院に行っても治療費に数万から数十万かかることがあります。治療費が払えないせいで留学を途中でやめたり、他の人の迷惑にならないように最初に加入しておきましょう。

 

 

 

「どんなお土産が喜ばれるの?」

 

日本から行くのだから日本の味のするものをもっていこうとおもう留学生はいるかもしれませんが、海外では醤油味のお菓子や食べ物を食べる習慣があまりないため、おかきや和菓子などを持って行っても口に合わないことがあります。
それよりも、日本製のチョコレートや飴などが抵抗なく食べられるようです。

 

また、日本人形や和菓子などは初めて日本人を受け入れるホストファミリーだといいかもしれませんが、日本人留学生がきたことのある家庭だとすでに持っている可能性があります。
アニメグッズや100円の便利グッズなどを持っていくと最近では喜ばれる傾向があるようです。

 

 

 

TAM留学ボーディングスクール高校留学などの留学を支援しています。


まずは資料請求