ウエディングプランナー留学を経験して海外挙式を担当する

ウエディングプランナー留学を経験することはこれからブライダル業界をはじめとしたサービス接客業界で活躍していこうと考えている学生さんや転職を希望されている社会人の方々にとって良い転機になるかもしれません。
ここではウエディングプランナー留学とはどのようなもので、その経験は今のブライダル業界においてどのように活かすことができるか、について見ていきたいと思います。
現在、海外ウエディングが以前よりも人気を集めています。
その背景には、大々的な結婚式・披露宴を好まず、どちらかというとこじんまりしたアットホームな雰囲気で結婚式やお祝いのパーティーを挙げたいという新郎新婦の希望や、家族や親友といった本当に仲の良い方々だけをお招きして皆で楽しみながら結婚式をしたい、参加者の皆にとって良い想い出になるような結婚式を挙げたい、という新郎新婦の希望があります。
以前とは結婚式や披露宴の役割や意味合いが変わってきているため職場の上司や地域の上役などをお招きして新郎新婦の行く末を今後も見守ってもらいたい、というお披露目的な結婚式は少なくなり、家族旅行や新婚旅行を兼ねた結婚式を海外で行なうウエディングプランが人気を集めてきています。
海外ウエディングの手配をする際は、チャペルの予約やウエディングドレス、小物、メイクなどの手配を行ってくれる「手配会社」というものが存在します。
手配会社には、大きくわけてブライダルプロデュース会社と旅行代理店(旅行会社)の2つのタイプがあります。
1. ブライダルプロデュース会社
日本国内に拠点を持つブライダルプロデュース会社と契約する場合
日本国内にオフィスや店舗があり、そこでウエディングプランナーなどのスタッフと海外ウエディングについての打ち合わせや相談などをすることができます。
ブライダルプロデュース会社では結婚式のプロデュースだけでなく、衣装や写真、現地でのパーティーなど結婚式に関連する内容を手配することができます。
しかし、結婚式が終わった後の家族旅行などのプランニングや手配は取り扱っていない企業が比較的多いです。
(現地に拠点を持つブライダルプロデュース会社と契約する場合)
現地にオフィスを持っているブライダルプロデュース会社と取引をする場合は、海外ウエディングの申し込みや結婚式当日の準備までは基本的にメールかもしくはSkype等のインターネット電話でのやりとりで手配を進めていくことになります。
現地に拠点を持つブライダルプロデュース会社は、現地の情報に詳しく、現地らしい手配ができることが何よりも強みなので、現地ならではのこだわりの挙式を希望する人にはぴったりの契約先となるでしょう。
カップルとしては直接やり取りができるので、細かなことも迅速に対応してもらえて安心できます。
また海外ウエディングの準備から結婚式当日の進行まで、ひとつのエージェントで行っていることが比較的多いので、カップルの希望とする海外ウエディングのイメージを実際の結婚式に反映しやすく、細かな質問にも迅速に対応してもらえます。コミュニケーションが密に取れることは安心材料のひとつとなるでしょう。
しかし、メールと電話連絡が手配の主な手段となるため、こんなはずではなかった、こんなイメージではなかった、というギャップが生まれてしまうことも中にはあります。
こうしたギャップが生じるのは結婚式を手配していく以上、日本であろうが海外ウエディングであろうが、多かれ少なかれ起きてしまうことではありますが、電話やメールではどうしても手配する側のイメージを伝えきれない、ということもあり、また電話やメールではなかなか伝えきれないであろう、という先入観も相まってイメージと異なる残念な内容になってしまう事も中にはあります。
現地に拠点を持つブライダルプロデュース会社にお願いする際は、海外ウエディングならでは、現地ならではの結婚式を楽しむ、またしっかりとブライダルプロデュース会社にお任せする、という姿勢が大事になってくるかもしれません。
2. 旅行代理店(旅行会社)
旅行代理店(旅行会社)の中には海外ウエディングプランの販売を代理で行ない、海外ウエディングプラン付きの海外旅行を取り扱っているところなどがあります。
旅行代理店(旅行会社)の海外ウエディングプランは、色々な海外ウエディングプロデュース会社と連携している場合が多く、結婚式や披露宴の演出などの細かな打ち合わせはチャペルや会場を所有している別の場所で行なうケースが多いです。
旅行代理店(旅行会社)を選択するメリットとしては、海外ウエディングで選べる国やエリアが幅広く、取り扱うチャペルの数が多いことから、カップルのイメージあったチャペルや会場などを豊富な選択肢の中から選ぶことが可能となることです。
また、結婚式が終わった後の海外旅行のプランやアクティビティが豊富に選べる事も旅行代理店(旅行会社)を選択するメリットの一つでしょう。
海外ウエディングはもちろん、新婚旅行のプランも充実しているのが最大の魅力と言えるでしょう
いずれのパターンにしても海外ウエディングを挙げる場合、結婚を決めたカップルはウエディングプランナーとの打ち合わせを重ねる中で結婚式のカタチを作っていきます。
日本国内にいて現地の手配を行なう際は、現地の提携先に日本人スタッフや日本語に精通したスタッフがいなければ、外国語でやり取りするしかありません。
外国からの観光客などを受け入れているチャペルやホテルなどは日本語がビジネスレベルでできるスタッフが常駐しているケースは少ないですが、英語であれば、ほとんどのチャペルやホテルなどの施設に1人以上の対応できるスタッフがいます。
そのため、英語がビジネスレベルで出来れば、手配が可能になります。
裏を返せば、十分な英語でのコミュニケーション能力がないと取引や提携、手配ができるチャペルや会場は相当限定されてしまい、お客様に限られた選択肢しか提示出来なくなってしまう、ということです。
そのため、日本国内で勤務するウエディングプランナーであったとしても海外ウエディングを担当するウエディングプランナーには相応の英語力が求められる場合があります。
海外ウエディングを現地で担当するウエディングプランナーになるのであれば、もちろん十分な語学力が必要になります。
英語の会話スキルは最低限必要でしょうし、現地で日常話されている言語にも精通する必要があります。
いずれにせよ、海外ウエディングに1人で十分対応できるだけのウエディングプランナーはまだまだ少なく、英語もしくは現地の言葉が出来て、十分なウエディングプランニングスキルを有しているウエディングプランナーはまだまだ少ないです。
ウエディングプランナー留学は1〜2週間程度の短い留学期間の中に海外ウエディングに必要となる知識や情報がたくさん詰め込まれています。
海外挙式の実際の様子
料理、装飾、演出のアイデア
ブライダル業界で使われる英語
など、見るべきもの、学ぶべきものはたくさんあります。
ここで得た知識や経験は日本に戻ってから就職活動でも自分の特徴の一つとして活かすことができるでしょうし、実際のウエディングプランナーの仕事にも演出を取り入れたり、装飾の雰囲気を取り入れたりと、オリジナリティのある結婚式を作り上げる上で役立つでしょう。
何より、語学力を付けることで、活躍の場は世界中に広がります。
ウエディングプランナー留学の機会を上手く活かして国際的に活躍するウエディングプランナーとしての道を歩むきっかけにしても良いかもしれませんね。
まずは資料請求