ウエディングプランナー留学は短期だから人気

ウエディングプランナー留学は、忙しい社会人の方々にも人気の留学プランです。社会人の方に関してはやはり長期的なスパンでの留学ではなく、夏休みや春休みなどの連続休暇を利用しての短期留学をするかたの方が多い傾向にあるようです。
ウエディングプランナー留学が人気の理由としては、短期の留学プログラムにも関わらず、留学後の仕事や就職に直結する要素が多いことが理由の一つとなっているようです。
ウエディングプランナー留学プログラムの大半は、実践的な内容が中心に組まれていて、より仕事に直結する、目的が限定されたプログラムになっていることが、人気の理由になっている模様です。
語学留学などは、参加者の目的意識にかなりの差があります。外国語での日常会話ができるようになりたいが観光を兼ねた海外滞在がしたい、という参加者もいれば、仕事で使えるビジネスレベルの語学力を身につけるために留学してきた、外国語漬けになってこの留学中にできる限りレベルアップしたいから遊びの時間は無しで、徹底的に語学スキルを引き上げたい、という参加者もいます。また、外国人とどんどん交流して友達を海外に作りたい、と考える参加者もいれば、友達を作りにきたのではなく、語学スキルを引き上げに来たのだ、という参加者もいます。参加者の目的意識は千差万別で、動機も、参加者の背景も全く異なるため、仮に参加時の語学レベルが同じで、レベルに応じてクラス分けされてスタートしたとしても、ゴールがそれぞれ違うケースが多く、それが参加後の不満に繋がったりするケースが見受けられます。自分はこうしたかったのにこういう参加者が多くて、目的が達成できなかった、事前にはこのように聞いていたが実際に参加してみると集まった留学生にこういう人間が多く、満足できなかった、などという声も上がるのは、自分と比較して同じ時期に参加した留学生の目的意識にギャップがあり、その溝が埋まらず苦労した、あるいは、不満だったという事なのでしょう。これは、参加する他の留学生を自分が選べるわけではないため、コントロールできない問題であり、留学プログラム選択上、コントロール不可能に近いリスクといえるでしょう。
どの留学プログラムであってもこの問題はついてまわりますが、ウエディングプランナー留学のようなプログラムの場合は、目的意識がかねり明確なので、こうした問題は比較的起こりづらい、と言えます。
ウエディングプランナー留学プログラムの場合、多くの参加者の目的は、留学によるウエディングプランニングスキルの向上、もしくはウエディングプランナー資格の取得、またはウエディングプランニングで用いる外国語、特に英語の習得、他にはチャペルウエディングの本場を経験する、といったところに絞られるでしょう。そのうえ、1〜3週間程度の比較的短期の留学プログラムが多いため、参加者はハッキリとした目的意識を持って来ます。ダラダラと過ごすほどの期間もない上、多くの留学講座では、ウエディングプランナーの国際資格取得を視野に入れているため、日中の講座終了後も、ダラダラと遊び歩くのではなく、資格試験対策に時間を充てる参加者が多いため、集中して勉強に励む環境が整いやすいと言えます。
特にウエディングプランナー留学の場合、社会人の方々の参加も多いです。ブライダル業界で現在仕事をされている方はもちろんですが、ブライダル業界への転職を検討していて、基礎を集中的に身につけるために参加する方、前の職場を退職して、次の就職先としてブライダル業界を目指されている方などが参加されており、スキルを引き上げたい、または、就職に繋げたい、キャリアアップに繋げたい、という目的意識がはっきりしている方が多いです。
とはいえ、現役で仕事を持っている社会人の方々にとっては、1週間以上の連続休暇を確保することは非常に困難なため、現役社会人の留学参加者は1週間〜10日程度の留学プログラムに限られてきます。このような時間を作ることは社会人になると非常に難しいです。夏休みや冬休み、ゴールデンウィークなどに有給休暇を組み合わせなければ、なかなか1週間以上の連続した休暇を確保することは職場にもよりますが、日本の場合は、非常に難しい事です。できる事であれば、留学をするのであれば学生時代にしておくほうが望ましいと言えます。
学生が留学を検討するにあたり、1番ネックになってくるのは社会人と違い、時間よりもお金となるでしょう。ウエディングプランナー留学プログラムなどは民間の会社が主催、運営しているものが大半で、奨学金や補助金の対象となっているようなものは中々ありません。そのため、自身で留学費用を工面する必要があり、学生さんには非常にハードルが高く感じられるかもしれません。しかし、こうした留学プログラムで得られる経験は非常に大きなものです。ウエディングプランナー留学プログラムに参加する事によりかかる費用は数十万円ですが、この経験をうまく生かす事で何倍ものリターンを得ることができるでしょう。現在、ブライダル業界の多くの企業が外国語ができるウエディングプランナーを求めています。というのも、ここ数年、日本で結婚式を挙げる外国人の方々や外国で結婚式を挙げる日本人がグローバル化の影響で増えてきており、こうした現状に対応し、顧客を獲得していくためにも外国語ができる、特に英語ができるウエディングプランナーへの需要が高まってきているからです。そのため、しっかりと留学経験を生かすことができれば、就職後、あるいは就職時に色々な選択肢を選ぶことができるようになり、自らのキャリアを切り拓いていく事もできるからです。
あとは、語学力などに不安があり、なかなか踏み入れない、という学生さんもいるかもしれません。しかし、社会人になってからは今よりも更に勉強に割ける時間はなくなります。語学力が向上してからでないと、せっかくの留学も、無駄になるのではないか、という不安もあるかもしれませんが、社会人になってからは今よりも語学力向上が望みづらいです。思い立った今、学生のうちに留学しなければ、中々動きは取りづらくなります。語学力に不安があるほうがかえって一生懸命勉強するでしょうし、できなかった、もっと勉強しておけば、という経験が今後の語学力向上のモチベーションに繋がるはずです。実際に留学をして、恥をかいたり、思っていたより言葉が通じなくて自分に足りない部分がわかったり、留学を通じて今の自分の力量や己の現状が理解できる事は、今後の語学力向上を考える上では非常に大切な経験や財産になる事でしょう。それも行かなければわからない事です。
そもそもウエディングプランナーは、基本的には語学力がなくても働ける職業ではあります。しかし、外国人の新郎新婦を担当するケースであったり、海外からの参列者をおもてなしする場合には、やはり英語が必要になります。就職した企業によっては、海外で結婚式やパーティーを行う新郎新婦のためのサポートもサービスとして取り入れているところもあるため、現地法人や提携先の式場などと英語等でやり取りをしなければいけない場面もあります。そのため、語学力の高いウエディングプランナーを採用したいと考えている企業もあり、グローバルに活躍する、という目標がある学生さんはウエディングプランナー留学をして語学力を磨いてから就職活動をすると良いでしょう。
まずは資料請求