ウエディングプランナー向け留学講座に参加して良かったと思えるために

ブライダル業界で仕事をしたい、ウエディングプランナーとして活躍したい、そんな風に考えている学生さんは就職活動を開始する前に、事前にブライダルとはどのようなものか、また、ウエディングプランニングにはどのような知識を必要とするのか、こうしたブライダル関連の基礎知識をよく勉強しておくことが望ましいでしょう。というのも、ブライダル業界は就職先として実は人気の業界であり、毎年多くの学生がブライダル業界への就職を目指し、面接を受けに来られます。特に、女性に人気のウエディングプランナーを志望する学生さんは多く、非常に競争率の高い業種であるということが言えると思います。また、ブライダル業界への就職を目指すうえでは、有名大学、名門大学を卒業していれば良いというわけでも必ずしもありません。勿論、企業は優秀な人材を求めており、将来企業経営に携わることが出来るような人材やウエディングの現場ではなく、裏方やマネジメント部門、経理等に必要な人材を配置し、育成をしていかなければいけないため、多種多彩な人材を求めていますが、しかし、その反面、即戦力となる人材、すなわち短期間の企業内研修を経たのちにすぐに現場配属できる会場運営や売り上げを計上するために活躍できる人材を求めている企業も多いのです。こうした即戦力となる人材を獲得するために企業はブライダルの専門学校などと提携を結ぶなどして、一定以上の人材を確保できるようにしているケースなどもあるようです。そのため、専門学校に通っていても企業にアピールできるような成績が残せていない学生さんや4年制大学を卒業見込みでブライダル業界にアピールできるような知識や経験がない学生さんが狭き門のブライダル業界を目指すためには何かしらの工夫をして、自分のアピールポイントを作り、面接等で光る存在にならなくてはいけません。とは言っても、ブライダルの専門学校に通っている方々であれば、専門学校入学前からブライダル業界を目指されている学生さんが多いかもしれませんが、4年制の総合大学に入学された時点でブライダル業界にて仕事をすることを目指して大学を選んだ、という学生さんは決して多くはないと思います。いざ就職を考える段になるに至って、ブライダル業界への憧れを抱いたり、学生生活中のアルバイト経験などを通じてブライダル業界の魅力に気が付き、就職することを目標とするようになった、という学生さんの方が4年制大学の場合多いでしょう。

そもそも、自分の魅力を客観的に判断して面接等でアピールすることは非常に難しいことです。自分の経験を短い時間の中で表現し、どのような質問や課題が提示されるか事前に知らされない中で、その場で瞬時に判断し、面接官にアピールをしなければならないわけですから、他人から見てわかりやすい自らの魅力やセールスポイント、ストロングポイントがない場合、自分の良さを面接官に短い時間でつかんでもらうことは決して容易なことではありません。

では、自分にわかりやすい強みやアピールポイントがない学生さんはどうしたらよいでしょうか。すでに就職活動をする時期を迎えている学生さんにとってはそれほど時間も多くなく、短い時間の中で、何かしら自分に強みやわかりやすいアピールポイントを付けるために、「ウエディングプランナー養成留学講座」があります。

ウエディングプランナー養成留学講座には様々な選択肢があります。その選択肢とは、留学期間、留学講座にかかる費用、留学講座を受講する国・地域、また、受講する講座のレベルやどのような講師がいるのか、といったことです。とは言っても、スーツのようにオーダーメイドであなたにぴったりフィットする留学講座を手配することは不可能でしょうから、数あるウエディングプランナー養成留学講座の中から、あなたに合った留学講座を選択しなければなりません。

それでは、どの様なポイントに気を付けて、後悔しない留学講座選びをすればよいのでしょうか。

そのためには、先ずは、今の自分自身がどのような状態にあるのかをまずは十分に見つめなおす必要があるでしょう。

もしも、ブライダル専門学校などを卒業見込みであるならば、相応のウエディングプランニング等に関する知識や概論はすでに押さえているはずです。それであれば、ウエディングプランニングに関する知識を深めに留学するよりは、全米ブライダルコンサルタント協会が主催する「ブライダルプランナー検定1級」などを短期間で取得できる講座に参加することが望ましいように思えます。また、他のブライダル専門学校の学生には無いような知識、例えば、外国人の新郎新婦をお迎えするに当たり応対できるだけの英語力を育てる留学講座やアメリカやヨーロッパなどのブライダル業界の最前線で活躍する講師陣から学び、自らのアイディアの引き出しを増やすような留学講座に参加する経験も自分のアピールポイントを一つ増やすことに繋がるかも知れません。

また、4年制の総合大学を卒業見込みの学生さんにとっては、ブライダル業界やウエディングプランニングに関連する専門知識を学ぶ機会は在学先にはないでしょうから、自らの学んできたこと、アルバイトなどで経験してきたことを上手くアピールポイントとして就職活動に生かす必要があるでしょうから、自身の置かれている状況によっていろいろな選択肢が考えられることでしょう。外国語大学や英文科、国際系の学科で学んだ英語力がある学生さんであれば、その語学力を生かした即戦力となるために、ウエディングプランナー養成留学講座を活用すべきでしょう。ウエディングプランニングに関する基礎知識を教える留学講座も多くあり、全米ブライダルコンサルタント協会の認定する「ブライダルプランナー検定2級」を取得することを目標にしつつ、英語での学習講座がしっかりしている講座を選ぶとよいでしょう。基礎的英語力が備わっていない学生さんは日本人講師や日本語ができる講師から学ばざるを得なく、彼らが学べる講師には限りがあることでしょう。しかし、英語で講座を受けることができるのであれば、外国人講師から講義を受けることができたり、現地の教会などで模擬挙式をするような経験ができる留学講座に参加すべきでしょう。ブライダル業界で使用される様々な専門用語がありますが、日本で用いられているカタカナ外国語と実際使用されている英語では意味が異なったり、意味が通らなかったりするものもあります。こうしたことは国内も現場で学ぶことは難しいので、留学でそうした専門的な学びをしておくことは就職活動時にアピールするポイントとなるでしょう。また、資格を有することで、どの程度の知識レベルが備わっている学生さんなのかを面接官もある程度判断することができるため、一つの知識の証明書のような役割も果たす全米ブライダルコンサルタント協会の資格を有しておくことも間違いなくプラスに働くことでしょう。

留学講座は数週間程度の短期講座が多いため、就職活動を間近に控えた時間のあまりない学生さんにとっては助かる内容だと思います。夏休みや冬休み、春休みなどの時間を利用して資格を取得し、就職活動にも現場にも活かすことができるので参加する価値は大いにあるように思えます。留学講座は地域も講座の学習レベルも様々ですが、複数の講座に問い合わせをして、比較検討すべきでしょう。留学先の学習環境に加えて、宿泊先等の生活環境はどうか、付近のアクセスはどうか、なども十分確認すべきでしょう。

まずは資料請求