ウエディングプランナーを留学させて新しいマーケットを開拓する

ウエディングプランナーという仕事は女性には特に人気の仕事です
ウエディングプランナーは、これから結婚式を迎えようとするカップルのためにウエディングプランをカップルと一緒になって練り上げていき、結婚式の当日までサポートとしていく仕事です。
「ウエディングプラン」と一言で言っても、この行程には非常に多岐に渡る知識が必要になります。
結婚式に必要なものとしては、
婚礼衣裳、
招待客をおもてなしをする料理、ドリンク、引出物、お土産、
また様々な演出の段取りや企画、
結婚式を彩る装花や装飾、
タイムスケジュールの管理
音響や照明
そしてキリスト教式や神前式などといった婚礼様式にまつわる知識
などがあり、これらをプロフェッショナルとして熟知し、適切な提案を行い、結婚式に向けて実際のプログラムとして落とし込んでいく作業をウエディングプランナーは行うことになります。
これらのことはウエディングプランナーにとっては言わば基礎的な知識であり、こうした土台ともいうべき知識の上に自分独自のアイディアやオリジナリティーを経験と共に積み上げていくのです。
この基礎的な知識の部分を学ぶのがブライダル専門学校であったりウエディングプランナーの基礎を学ぶための留学プログラムであったりします。
ブライダル専門学校ではウエディングプランナーとしての知識の他にも、ドレスコーディネーターやフラワーコーディネーターを育成する講座もあるため、より専門的な事を学ぶ事もできますし、期間も2年である事が多く、じっくりと時間をかけて学び、就職先を探す事ができます。
ウエディングプランナーになる事を目指す上では、まだ時間があり社会に出ていない学生さんは、ブライダル専門学校で2年程度の期間をかけて学び、十分に基礎を身につけてから就職を目指すほうが無難でしょう。
ブライダル業界は変革期にあり、より収益貢献度の高い即戦力を求める傾向にあります。また、ウエディングプランナーを目指す新卒学生のうちブライダル専門学校で学んだ経験がある人材が多いため、ライバルに差をつけられないためにも、ブライダル専門学校で学んでおいたほうがより良いでしょう。
また、ブライダル専門学校の多くは、学生の卒業後の進路についてある程度のコネクションを持っているケースが多く、企業の側も専門学校の卒業生からある程度の採用を予定している事が多いです。
そのため、ウエディングプランナーとして就職することを考えるのであれば、ブライダル専門学校に入学して学ぶことは単純に学びウエディングプランナーとしての基礎を固めるという事以上に価値があるかもしれません。
ウエディングプランナーとして就職する事を夢見ている学生さんであれば、その専門学校がこれまでどのような企業に何名程度のウエディングプランナーの卵たちを送り出しているかを調べておく事は重要なリサーチ項目になる事でしょう。
専門学校ごとに就職先も特色があり、どの程度のコネクションがあるかも卒業後の進路実績を調べていけばある程度の事は見えてくる部分もあります。
十分なリサーチを重ねて自分のいくべきブライダル専門学校を選ぶ必要もあるでしょう。
また、最近はグローバル化が進み、国際結婚が増えたり、日本を訪れ日本文化を魅力的に感じ、日本での結婚式を希望する外国人カップルが増えてきたりと、日本のブライダル業界も例に漏れず国際化の波に晒されています。
これまで日本の多くの国内経済は日本人向けのマーケティングが多く、先進国の中ではシンガポールや香港のような国際都市と比べた場合、様々なインフラが未整備と言えると思います。
ブライダル業界も例外で無く、外国人のカップルを対象にしたサービスと言う観点で見ると、外国人宿泊客も良く来る様なホテルに関しては比較的対応できる状態が整っていますが、これまで外国人のお客様が少ない場所、あまり観光地化していない神社や、外国人のお客様を積極的に獲得しようと取り組んでいない専門式場などは、英会話ができるウエディングプランナーや専属スタッフがいなかったり、施設内の看板や標識、貼紙なども日本語表記のみで、英語表記が一切されていないところも多く見受けられます。
勿論、外国人カップルや国際結婚するカップルがマーケットの大半を占めているわけではないため、必ずしもこうした企業努力をどこの企業もしなくてはいけないわけではありません。
しかし、今、ブライダル業界はいわゆる「ナシ婚」と言った、結婚式をしないカップルが増えてきていたり、カップルの晩婚化が進んでいたり、また、結婚式自体の予算規模も以前と比べて縮小傾向にある事に加え、少子化の影響も手伝い、日本国内のマーケットはこのままで行くとどんどん先細って行くことが目に見えている状態にあります。
そのため、新たなマーケット開拓や現在のマーケティングに対するテコ入れは急務と言われており、何かしらの対策を取り、生き残りを図っていかなくてはいけない状態にあると言えるでしょう。
新たなマーケット開拓先の1つとして日本文化に興味を持つ外国人カップルは有望と言えますし、また、国際結婚カップルも同様に獲得していきたい顧客分野の1つと言えるでしょう。
そのため、近年ウエディングプランナーの語学力を向上させたり、外国人顧客への対応ができるようにするために、企業がサポートを行なってウエディングプランナーを海外に留学せるケースなども出てきました。
留学先はケースによって様々ですが、ハワイなどのリゾートウエディングを学ぶことでウエディングプランナーとしてのスキルや経験を向上させる傍ら、現場で使える英語力を身につけるために語学研修などを並行して行うものや、ヨーロッパやアメリカのウエディングプラン二ング会社などに現場研修スタッフとして所属して、実践の中で本場のウエディングスタイルを身につけながら語学力を向上させていくものなどもあるようです。
海外留学を経験し、日本語以外の語学力を身につけたり、外国人のお客様への対応力を身につけたり、外国の文化を学ぶことで、ウエディングプランナーとしての仕事の幅や奥行きは大きく拡がることでしょう。
対応できるお客様が増えることで、集客の仕方も変わってきますし、今やインターネットでの情報収集が生活の中に溶け込んでいる時代ですので、語学力に加えて企画力とWEBマーケティングの知識さえあれば、日本に興味のある海外のお客様にアプローチして行くことは以前と比べてはるかに容易になっています。
また以前と比較して情報の拡散スピードが非常に早く、また広域に及ぶ時代でもあります。
日本を訪れ、そこで素晴らしい結婚式を体験することができた外国人のお客様がそれらの感動をSNSなどに積極的にアップする可能性は十分にあります。そうした高評価を他の外国人の方が見て、同じようなサービスを受けたい、として施設を指名してくることは十分に考えられます。
日本国内ではそれほど有名で無くとも、海外では非常に高く評価されていたり人気がある観光施設や宿泊施設などはたくさんあります。こうしたところは外国人のお客様への対応力があり、外国におけるWEBマーケティングなどにも成功しているケースが多いです。
ブライダル業界も今後海外からお客様を取り込む時代になってくることでしょう。日本には魅力的な日本独自の文化や様式美があり、それらをうまく外国人のお客様に合うようにアレンジしたりする事で、新しいマーケットを開拓する事ができるかもしれません。
まずは資料請求