ウエディングプランナーの就職に有利に働く留学プラン

ウエディングプランナーはブライダル業界の花形の職業と言われています。
幸せの絶頂にある新郎新婦の門出を陰に日向に支えるウエディングプランナーの存在は裏方の立場とは言え、華やかな結婚式の中でも目立つ存在と言えるでしょう。
優雅な立ち振る舞いや身のこなし、冷静かつ堂々とした態度、笑顔を絶やさず、心配りが良くできて、礼儀作法もしっかり備えているウエディングプランナーの存在は列席者の方々からみても「格好良い」「素敵だ」と思える存在です。そのためか、特に若い女性には人気の就職先であると言われています。
しかし、素人が急にあのウエディングプランナーの立ち振る舞いや態度を身につけられるものではありません。
多くのウエディングプランナーを目指す方々はブライダル専門学校などで2年程度学び、その上で就職先の企業でOJTなどの研修を経てようやくウエディングプランナーとしてデビューを果たしていくわけです。
また、ウエディングプランナーと一口に言っても、日本の場合、ウエディングプランナーは式場の専属スタッフとして働いている事が多く、就職先が分業体制を敷いているところであれば、初めは結婚式場の当日担当ではなく、新規の顧客獲得のための営業担当のみを仕事としたり、アシスタントアテンダーといって、結婚式当日の新郎新婦の介添え役をサポートする言わば小間使いのような役割を初めはする事もあります。
そうした修行期間を経て、結婚式におけるウエディングプランナーの様々な役割を見たり経験したりしながら次第に力をつけ、結婚式の現場で活躍できるようになるのです。
結婚式は人生の中でも大きな買い物の1つと言われています。
家や生命保険料の総支払額と比べる事はできませんが、車などと同様の高い買い物などとも言われており、考え方は人それぞれかもしれませんが、たった1日で使い切り、耐久財としてその日以降には残らないもの、という事で考えると最も高い買い物の1つと言えるかもしれません
そうした非常に高額な支払いをする結婚式ですから、それに相応しいサービスを提供する必要があるのがウエディングプランナーの役割と言えるでしょう。そのため、サービスのレベルも一般の飲食、接客業と比べ、かなり高いものを顧客から求められたり、期待されたりする仕事である、という事も言えるでしょう。
そのため、ウエディングプランナーはそれに相応しいサービスを提供するために様々な事を学んでいく必要があります。
和洋中華など様々な婚礼料理と食事マナー
ワインなど提供されるドリンクの銘柄や提供の仕方
会場装飾のアイディアや空間装飾、フラワーコーディネートに関する知識
キリスト教式チャペルウエディングの細やかなルールや式次第、あるいは人前式・神前式のルールや進行方法
キリスト教式、神前式、人前式、それぞれの様式にまつわる意味や歴史などの知識
音響や照明に関する知識
司会進行、タイムスケジュールに関する知識
フラワーシャワーやブーケトスなど結婚式にまつわる演出の知識やアイディア
など、ここにも挙げきれないほどの結婚式に関連する知識を基本として身につけ、ウエディングプランナーは現場に配属され活躍していくわけです。
そのため、これらの事を通常の企業が設ける1〜3ヶ月程度の研修で詰め込んでも中々身につけるレベルにまでには至らないため、ブライダル専門校などで2年程度学んだ専門学校卒業生を企業
は育てやすい即戦力として選択するのは至極当然のように思えます
もちろん、4年生大卒や院生などで経営学やマーケティングを学んでいる学生も企業にとっては将来の経営幹部候補生として必要でしょうし、彼らがウエディングプランナーとして現場で見た事、経験したことはいずれは生きてくることでしょう。
しかし、現在、ブライダル業界は熾烈な競争の時代を迎えており、以前のような中長期の視点に立って人材を育てていく、ということも重要と考えているとは思いますが、目先の短期間でいかに売上をつくり、利益を残すか、ということに非常に重点をおいているように感じます。
そのため、4年生大学の卒業生や院卒であっても、ウエディングプランナーとしての基礎知識がないと出だしのスタートラインに立つまでにすでに専門校卒の学生との競争に負けている部分が大きくあり、この差を埋めるのに大変苦労をする可能性がある、という事も言えるかと思います。
では、どのようにすればこの差を埋めて、より有利な就職活動を展開していくことができるでしょうか?
その選択肢の1つがウエディングプランナー向けの短期留学プランになると思います。
ウエディングプランナー向けの短期留学プランというのは、留学斡旋企業や一般社団法人などが企画している海外留学で、アメリカやヨーロッパ諸国、またはハワイなどのリゾート地などで開催されている留学プランです。
特色としては、ウエディングプランナーとしてのスキルアップやセンスを磨くために1〜2週間程度の短期留学期間の中でウエディングプランナーとしての基礎や応用分野を学ぶための座学、語学研修、装飾やドレスコーディネート、フラワーコーディネートなどを学ぶ専門講座、現地の教会見学や模擬挙式体験、実際の結婚式の見学やサポートスタッフとしての研修、全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants)のブライダルプランナー1級もしくは2級資格を取得する講座など、様々な経験を積むことができる点です。
勿論、上記全ての内容をわずか1〜2週間の間に全てこなすことはできません。留学主催会社やプランによって内容は異なるため、自分にあった内容、自分に必要となる内容を選択して参加する必要があります。
就職活動に活かせる内容を選択するとなると、選ぶべきはやはり、語学研修が充実したものか、ウエディングプランナーの資格である、全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants)のブライダルプランナー1級もしくは2級資格を取れるものになるのではないでしょうか?
語学研修については、ウエディングプランナー向けの短期留学プランには英語のものが多いです。
主にはウエディングプラン二ングやプレゼンテーションで用いられる英語について基礎的な会話や単語などを学んだり、日常会話程度の語学力を身につけるためのものが多いです。
短期間で大幅に語学力を高めるのは非常に難しいですが、ブライダル業界で使われている言葉には和製英語が多く、日本のブライダル専門学校で学んだ、日本のブライダル業界で用いられている単語をそのまま外国人のお客様に話しても意味を取り違えられたり、伝わらなかったりする事が多いですので、そうした間違いに気づいて、仕事で使える外国語を身につけられるのは大きくメリットがあるはずです。
他にも、全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants)のブライダルプランナー1級もしくは2級資格を取る事ができる留学プランは就職活動に使えそうです。
全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants)の発行する資格はブライダル業界においては国際的に信用力があるもので、資格を持っている事で、ある程度ウエディングプランナーのスキルを証明する事ができます
4年生大学卒の学生さんや院卒の学生さんでウエディングプランナーを目指すのであれば、ウエディングプランナー向けの民間資格を取得しておくとある程度の基礎知識がある、と見られ就職に有利に働かせることができるかもしれません。
まずは資料請求