TAM留学トップページ > 留学コラム

海外留学コラム

ウエディングプランナーのこれまでについて

ウエディングプランナーは新郎新婦の門出を祝うために行われる結婚式や披露宴のプランニングをし、また結婚式・披露宴当日に新郎新婦のサポートします。 ウエディングプランナーという仕事は1970年代ごろまでは今と比べて男性のスタッフも多く、今よりもどちらかといえば経験豊富な年輩のスタッフが多い仕事でした。...

フリーランスウエディングプランナーになるという事

近年、フリーランスウエディングプランナーという存在に注目が集まってきています。 フリーランスウエディングプランナーとは、名の通り、どこかの企業に属さない、独立したウエディングプランナーの事です。 既存のウエディングプランナーと大きく異なる点はまさにここにつきます。 日本におけるウエディングプラン...

フリーランスウエディングプランナーについて

近年、ブライダル業界は非常に厳しい変化の時代にあると言えます。 「ナシ婚」が増えてきているからです。 「ナシ婚」とは結婚式や披露宴を行わず、婚姻届を提出するにとどめるカップルの事を言います。両家両親との会食や親友との会食などは別としていわゆる大々的な結婚セレモニーを行わないカップルが増えています...

変化していくウエディングプランナーの演出プランニング

ファッションなどにも毎年のトレンドがあるように、ウエディングプランにもその時々に旬なものや人気のアイテムや演出があります。 ひと昔前は、結婚式・披露宴と言えば、新郎新婦の地元の有名ホテルの披露宴会場で、紋付袴と白無垢の和装衣裳と純白のウエディングドレスとタキシードの洋装のお色直しがあり、食事は...

ウエディングプランナーの仕事内容を見てみましょう。

ウエディングプランナーは、新郎新婦の結婚式や披露宴を通じて、新郎新婦をはじめご両親や友人方列席者の幸せをプロデュースするために、実に様々な業務を行う必要があります。 結婚式場のご案内、商談、契約、ヒアリング、打合せ、演出選択、衣裳選び、進行スケジュールのプランニング、決定したプランのリハーサル、...

ウエディングプランナーとして働くということ。

●ウエディングプランナーのあり方の変化 ウエディングプランナーの働く場所といえば、結婚式場やホテルなどをイメージされる方がが多いかと思いますが、最近は人々の価値観が多様化し、結婚式のあり方や結婚式、披露宴そのものに対する考え方や向き合い方が変化してきており、ウエディングプランナーのあり方やウエデ...

ウエディングプランナーという仕事について見ていきます

ウエディングプランナーという仕事の概要について ウエディングプランナーは新郎新婦の結婚式に深く携わる仕事です。 結婚式、という新郎新婦の2人にとって一生に一度きりの大切な日に、新郎新婦にとって一番近いところで2人のサポートをしながら、この人生の晴れの日を祝うイベントのお手伝いができることは、正に...

ウエディングプランナーになるにはどのように学べば良いのでしょうか

ウエディングプランナーとして仕事をするにあたり特別な資格を持つ必要はありませんが、ウエディングプランナーの技量をはかるためや、ウエディングプランナーの持つ知識レベルを証明する目的で発行されている民間資格は存在します。 勿論、こうした資格を取得する事はウエディングプランナーとして働く方々にとって...

ウエディングプランナーという仕事をご存知ですか

ブライダル業界を取り巻く環境はひと昔前と比べ大きく変化しています。今の20〜30代の世代の一つ前の世代、今の50〜60代の世代の方々は、いわゆるバブル期を経験した方々で、芸能人の豪華な結婚式がテレビ中継されたり、新郎新婦の登場にゴンドラが使われたり、といった派手で盛大な結婚式を挙げる事が一つのトレンドと...

ウエディングプランナーが知っておきたい結納の意味 その2

ウエディングプランナーに求められる知識は幅広いものです。最近の婚礼の約7割程度がキリスト教式のチャペルウエディングですが、いわゆる「和婚」と呼ばれる、伝統的な日本式の神前結婚式についても最近はまた人気が出てきており、こうしたニーズに対応していく必要があります。 さらに、このところ日本が目指している...

まずは資料請求
留学コラム 資料請求 ファーストステップ:初めての方へ国別で探す 留学形態で探す海外で学ぶ 海外で働く その他 オススメ留学 セミナー・イベントモバイルサイト クリックして証明書の内容をご確認ください。